Bangkok Cafe
Introducing coffee culture and cafe in Bangkok

バンコクのコーヒー文化とカフェを紹介するブログです。
東南アジアのカフェも少々紹介しています。

* 2006年9月 当 URL にお引越ししました! これからもどうぞよろしくお願いします。

* 『管理人のツブヤキ』 アップしました (Oct.22)。 

* 期間限定ハロウィーンバージョン・テンプレートにしてみました。

* Bangkok Cafe へのご意見・ご感想をお待ちしています。左下にあるバナーからどうぞ!


<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
管理人のツブヤキ: Oct. 22
2歳の甥は私を真似てコーヒーを飲む。2歳のくせにこんなにませていて良いのだろうか。会話の途中でも『今日はコーヒー作る?』とたずねる。英才教育始めてみるか、密かに。。。
管理人へ問い合わせ
当ブログに関する問合せ、叱咤激励などございましたら 次のアドレスまでご連絡下さい。  bkkcafe@gmail.com


job

comment

SPONSOR

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

タイのスターバックス: スリウォン通り店

バンコク・カオサンロード店に引き続き特長あるタイのスタバの店舗を紹介。
今回はビジネス街、シーロム通りに程近く平行して走るスリウォン通り店。

sbsw2

sbsw3

sbsw1

タイの伝統的家屋風の建物にスタバのロゴがミスマッチ。それがなんともいえない雰囲気をかもし出しているタイ独特の店舗だ。
店内はもちろん日本でも馴染みのスタバなのである。日本でも日本風家屋で営業しているスタバ店舗ってあるのだろうか??


rank
cafe blog ランキングへ
Starbucks in Thailand | permalink | comments(4) | trackbacks(131)

タイのスタバのコーヒーセミナー

2006年6月現在、タイには83店のスターバックスがある。
その何軒かは月に1回コーヒーセミナーを開催しており、タイの人々、少なくともスターバックスに来てドリンクを飲んで時間を過ごしている客を対象に、コーヒー・テイスティングと淹れ方を紹介している。

cs1

今回参加させていただいたのはバンコクのスクンビット・ソイ24にあるキャンプデービス店。参加者は私の他にタイ人男性2人の計3人。
セミナーは事前に店頭で告知されていたにもかかわらず、予約しての参加は私一人。男性2人はというとセミナー開始直前に店内で参加者を募った際、スタバの落ち着いた雰囲気を利用して勉強をしに来ていたところ、無料でコーヒーが飲めることに惹かれて参加を決めたらしい。

セミナーでは、フレンチプレスとペーパーフィルター式のコーヒーメーカーで淹れたコーヒーを参加者の前で用意。テイスティング用にみかんとチョコレートも一緒に用意された。
cs2

cs6

タイの人々は本名の他にニックネームを皆持っていて、スタバのスタッフもそれぞれのニックネームが書かれたバッジを胸につけている。
彼らが丁寧にコーヒーの味わい方を説明してくれる。私には英語の出来るスタッフが付いてくれた。

cs3

cs4

cs5

このコーヒーセミナーは販売促進活動の一環であることは言うまでもないが、タイではまだまだ馴染みの薄いホット・コーヒーとコーヒーを自分で淹れるということを啓蒙するうえで、スタバの活動は重要で意義あるものだといえる。
常夏のタイではコーヒーといえばアイス・コーヒーのことなのだ。

ちなみに日本のスタバではコーヒーセミナーがより活発に、計画的に開催されている。有料である。


rank
cafe blog ランキングへ
Starbucks in Thailand | permalink | comments(9) | trackbacks(0)

バンコク老舗コーヒー店 vol.2: 園楽安

ここだけ時間がストップしたような空間、そんな気分に引き込まれるコーヒーハウス、園楽安、On Lok Yun はバンコク中華街、『オールド・サイアム』デパートのそばにたたずんでいる。

oly3

1930年代にオープン(2代目のオーナーも詳しい開店年数を知らない。。。)した家族経営のコーヒーハウスだ。

oly2

oly1

この店のウリはなんといっても『カイ・ダーオ』と呼ばれる玉子焼きのセット。
コーヒーか紅茶(ホットかアイス)が選べて68バーツ(1バーツ=約3.2円)。

軽くスチームされたふわふわの食パンは丁寧にパンの耳がカットされている。マーガリンと砂糖が添えられるのが園楽安流。

oly7

oly8

店頭では、バンコク老舗コーヒー店の常で、食パンやマーガリンが売られている。
お店で注文していただくのも良し。自分の家で作るも良し。

oly4

oly5

oly6

気に入っているアイス・レモン・ティーは15バーツ。トーストと一緒でも30バーツ。
朝5時オープンと同時に2階席までいっぱいになるという、地元っ子に慕われている人気店だ。


rank
cafe blog ランキングへ


Cafe in Bangkok | permalink | comments(0) | trackbacks(0)